先物 商品 手数料 徹底 比較

比較.com商品先物14社徹底比較

ここで比較検討することが一番の早道です

もちろん基礎から勉強してから取引を始めましょう

そうすればきっと利益が出ると思います

比較.comネット先物徹底比較

比較.comネット商品手数料徹底比較



初心者主婦でもわかるFXの解説

これを読んだらすぐに始められます


FXの人気ランキング!
FXの解説を無料で提供。



じっくりと研究してください

FXのはじめ方は「FXのカリスマ」で。



必ずどの世界にもカリスマがいます
その人のアドヴァイスも重要です

十分に検討してからいよいよ業者選びに入ります

スプレッド、取扱い通貨ペア数、手数料で比較可能!
人気のFX会社をランキングで紹介。




くれぐれも余裕のあるお金で始めましょう

ベトナム株が注目されています

ベトナム株の情報はなかなか出回っていないようです。ベトナムは社会主義国家ですが、2000年にホーチミン証券取引所を設立しました。国内の企業の株取引がそれにより開始されましたがまだまだ市場としては歴史の浅い市場です。

2005年のじてんで27社が上場していて、ホーチミン市場の上場会社にはPERが五倍ほどだったり、配当利回りが8%以上あるなど株価が超割安であるものが多くみられます。最近では中国株が日本で注目されていますがベトナムもまたこれからの経済成長を予想して投資するには良いかもしれません。

また、ベトナム株の裁定取引単位が10株からで、10株あたりのそれぞれの上場企業の株価が日本円換算でだいたい500円から1500円くらいになっています。つまりわずかな資金でも株式投資を始められるのもメリットです。ちなみに個人投資家がベトナムの証券会社に口座開設をする場合各種の手数料などを合計してだいたい5000円ほどのようです。ただし、ベトナム株は日本国内の証券会社では購入できないために、ベトナムでの取引の方法など手間取ることになるかも知れません。あらかじめ情報を収集して口座開設をしましょう。

信用の置ける会社です

セントラルのfxには、セントラル短資オンライントレード(日短fxダイレク)があります。
セントラル短資オンライントレードの短資の意味をご存知でしょうか。短資会社とは短期金融市場で金融機関相互取引の仲介をする
会社という意味になります。

fx取引の魅力の一つにスワップ金利がありますが、セントラルのfxは業界最高水準のスワップ金利になっていて、外貨預金の利息
にあたるスワップ金利を毎営業日受けとることが可能になっています。また、購入した通貨で思ったほどのリターンが得られない
場合でも、セントラルのfx取引なら他の通貨へ簡単に乗り換えることが可能なのです。
通常、口座開設の申し込みをする場合、資料請求をして自宅に資料が届くのを待ち、その資料が届いてやっと必要書類をそろえて記入して
申し込みをするというふうになりますが、セントラルのfxの場合は、オンラインで口座の開設ができるので、とてもスムーズに
ストレスなくセントラルで口座を開設することができるのです。
セントラルのfxでは、取扱通貨も大変豊富に取り揃えてあり、全部で16種類あります。
セントラルの会社は、信用度も大変高く、信託保全もしっかりしているので安心感があります。

FXをはじめるときに調べるキーワード

fxの人気に比例して、fx入門を紹介しているインターネットのサイトも多くなってきました。
このようなfx入門のサイトが数多く存在するというのは、これからfxを始めたい、fxを勉強してみたいという個人投資家
にとって、自宅で手軽に利用できるという点や、いろいろなfx入門のサイトをまわってより多くの知識を得ることができるという
点で、とても重宝するのではないでしょうか。

また、fxの業者のホームページでも、初心者のための基礎知識や用語集などのfx入門のページを用意してあります。
fx入門としてfxを紹介しますと、fxとはForeign Exchangeの略で「外国為替証拠金取引」という意味になります。

fxの歴史はまだまだ浅く、1998年に『外為法』の改正により誕生した商品です。一時は一部の会社の強引な勧誘など、
顧客とのトラブルが問題化しましたが、2005年の金融先物取引法の改正によって悪質な会社は淘汰され、現在では安心して
取引きが行えるようになりまた。
fxに興味のある方や、fxを勉強したい方、もう一度fxを一から勉強しなおしたいという方など、インターネットで
「fx入門」を検索してみてはいかがでしょうか。

レバレッジはしってますか

fxを勉強していると、さまざまな専門用語が飛び交っていて、その聞き慣れない用語一つ一つを理解していくことが必要に
なってきます。

基本の用語では、レバレッジ、スワップ金利、マージンコール、ロスカットなどがあり、どれも見ただけでは何のことだか
想像もつかないような用語ばかりではないでしょうか。

この中の「レバレッジ」という言葉を取り上げてみましょう。レバレッジとは日本語で「てこの原理」という意味になります。
てこを利用して小さい力で大きいものを動かすということで、fxのレバレッジとは、少ない資金で大きな金額を動かすことから
レバレッジという名前がついたそうです。fxはこのレバレッジが大きな魅力と言っても過言ではないでしょう。
fxでは証拠金を担保にして、その10倍、100倍といった外貨取引きが可能になります。これをレバレッジ効果というそうです。
また、「レバレッジをかける」とか「レバレッジ○○倍で取引をする」という使い方をします。
1ドル=100円のときに、1万ドルを買うためには100万円が必要になりますが、レバレッジ10倍で取引きすれば、
10万円の証拠金で1万ドルが買えることになります。当然レバレッジを高くすれば、更に大きな額を動かすことが可能に
なりますが、儲けの可能性と同じ大きさのリスクも生じることになります。
ハイリスク・ハイリターンを頭に入れて、しっかりリスク管理をしながら、自分に合ったレバレッジを選ぶことが大切です。

面倒なとき時間がないときは自動売買

fxに自動売買というシステムがあるのをご存知でしょうか。

fxの自動売買とは、あらかじめ市場がどのように動くか、自分で買い時や売り時の予測を立てておき、それに基づいた注文を
しておくことをいいます。こういう状況になったら売るとか、こんな状況になったら買うなど、条件つきの予約注文をすることが
必要になってくるので、自分に合った条件の自動売買の注文機能があるか、どのような種類があるか、充実度はどうかなど、
自動売買の機能はfx の会社によってさまざまなので、よく確認してfx の取引き会社を選ぶ必要があります。

fx は24時間相場が動いているのが特徴であり、魅力でもあります。しかし裏を返せば、深夜の睡眠時間にも相場は変動
しており、寝ている間に大きな取引きのチャンスを逃す可能性もあるのです。そんなときでもfxの自動売買のシステムを利用
して希望の設定をしておけば、タイミングを逃すことなく希望通りの取引きが行えるのです。日中働いていて忙しくてなかなか
パソコンをチェックできないビジネスマンや、fx の相場の分析力のある投資家だけでなく、それ以外の投資家の方も、取引き
法方の一つとして自動売買を考えてみるのもいいかもしれません。

おすすめのFXの会社B

livedoor fxは、最近非常に注目されて話題になっている「外国為替保証金取引」のことで、fxとは、1998年に
外為法の改正により誕生したまだまだ若い金融商品です。
livedoor fxの特徴は、少ない資金での取引が可能で、なんと初回5万円の入金で取引が開始できます。これによって、
livedoor fxで少ない資金で効率的な資産運用が実現します。
また、livedoor fxのレバレッジは約1倍から200倍までの7段階レベルで選択することができるので、リスクを
最小限に抑えて取引きがしたいという投資家の方から、ハイリターンの取引きを行いたいという投資家の方まで、さまざまな
ニーズに応えることができます。
そして、豊富な取扱通貨ペアもlivedoor fxの魅力で、なんと18種類。livedoor fxでは、人気の高い
米ドル、ニュージードル、ポンドなどから、今話題の南アフリカ・ランド、人民元まで幅広く取り扱っています。
サービス内容や取引きなどでトラブルが生じた場合でも、サポートセンターが電話やメールで24時間対応してくれるのも
安心材料の一つではないでしょうか。

おすすめのFXの会社A

ライブドア fx(livedoor fx)は、多くの魅力的な特徴をもっています。まず、ライブドアfxでは少ない資金で
効率的な資産運用が可能ですし、ライブドアfxの取扱通貨ペアは18種類という豊富さです。さらにライブドアfxの外貨を保有
すると高水準のスワップ金利を提供してもらえます。またライブドアfxでは、リスクの低い約1倍のレバレッジから、ハイリターン
の200倍のレバレッジまで幅広く用意してあるので、自分の好みに合わせて自由に調整が可能です。
ライブドア fxの面白いサービスでは、日本唯一の金融占星術による為替チャートをライブドア証券より独占配信というのが
あります。これは天体位置による変化日をビジュアルにて表示するものです。また、オリジナルの手法によるウィークリーコメント
も提供するなど、今まで占星術に興味がない方にとっても気になるサービスと言えるのではないでしょうか。
ライブドアfxではその他にも、業界屈指の充実レポートというサービスも行っており、この充実レポートは、毎日3回、ドル/円
・ユーロ/円・ユーロ/ドルなど8種類の通貨ペアについての短期的な分析を提供しています。HSBC銀行の資金為替ディーラー
を皮切りに、欧米の数多くの大手銀行でチーフ・ディーラーを歴任した人物がこの充実レポートを執筆していて、fxの投資家に
とって痒いところに手が届くような必見のサービスです。

おすすめのFXの会社@

マネックスfxは、5,000円の資金から1,000通貨単位でできる外国為替保証金取引です。手数料は1ドルあたり
10銭ですが、最低手数料はなんと6銭。これは100万ドルの取引きをした場合で、、なんと1取引単位あたり60円
になる計算です。このようにマネックスfxでは取引きコストを抑え、とてもリーズナブルな為替手数料になっています。
マネックスfxで取引き可能な通貨は、米ドル・円・ユーロ・ポンド・豪ドル・NZドル・カナダドル・スイスフランの
8種類で、マネックスfxでの取引単位は、1,000通貨以上、1,000通貨単位となっています。
またマネックスfxでは、プライス(成行)注文、指値注文、ストップ(逆指値)注文、OCO、IFD(f Done イフダン)
IFO(IFDとOCOを組み合わせた注文方法)など、投資家のさまざまなニーズに応えられるように多彩な注文方法が用意
されています。
マネックスfxで取引できる時間は、原則24時間ですが、早朝の10分間だけメンテナンスのため取引できません。
マネックスfxでは、インターネットおよび携帯電話からのみの注文受付となっていて、電話からの注文はできないので
ご注意ください。

信頼できる会社を選ぶことが重要です

最近よく耳にするfx 。歴史が浅いので、最近ようやく世間に浸透してきたのですが、株の投資よりリスクも少なく、
少ない資金でハイリターンが可能なことや、低いコストで外貨取引ができるということで人気が高まっています。
実際には始めていないが興味を持っているという方も多く、これからますますfx の投資家人口は増えていくのは間違い
ありません。
fx を始めるには、fx の会社選びがとても重要です。fx の会社はたくさんあり、取引手数料、金利、レバレッジ率、
各種サポート体制など、そろぞれfx の会社によって特徴が異なってきます。まず最初にじっくりと比較して、検討しながら
自分のスタイルに合ったfx の会社を選びましょう。

また、悪質なfx の会社が存在しているのも事実です。大手のfx の会社などは心配ありませんが、中小規模のfx の会社
の中には、しつこく電話をするなどして強引な勧誘を持ち掛けてきたりするところもあります。2005年の法施行後、
ほとんどの悪質なfx の会社は淘汰されましたが、自分が取引きをしている会社が怪しいと思ったら、すぐに取引きを
中止してfx の会社を変えた方が賢明かもしれません。

FXはもちろんオンラインで

fx を始める場合、fxの投資家たちはネットで自分に合った会社を検索してオンラインで取引きを行うのがほとんどです。
現在ネットで「fx」を検索すると、数多くのfxの会社がヒットしてきます。
その一つにfx オンライン ジャパン(FX Online Japan)という会社があります。こちらのfx オンライン ジャパンは、
fxの投資家たちのオススメ度も高く人気の高い会社です。
fx オンライン ジャパンでは、取引手数料、口座維持手数料が共に無料で、メジャー通貨ペアを含む合計23通貨ペアの取引が
可能なのも大きな魅力の一つです。またfx オンライン ジャパンのメジャー通貨ペアはわずか5銭(ポイン)。少ない資金で
始められるミニ取引口座もあり、5万円の初期証拠金から取引可能になっています。
さらに、fx オンライン ジャパンでは、取引システムによる外国為替証拠金取引がリスクを心配せずに疑似体験できる
「デモ取引」というものがあり、簡単な手続きで無料でできるシステムもあり、利用期限もないので納得がいくまで試せること
なども、fx オンライン ジャパンの人気の一つになっています。

FXのチャートを理解する

fx(Foreign Exchange)とは外国為替取引を略称したものですが、最近個人投資家の間でよく使われる
fx という言葉は、「外国為替証拠金取引」という意味で使われています。
fxの用語の中にチャートというものがあります。このチャートとは、過去の株価の推移を記録してグラフに表したものです。
fxのチャートでは、ローソク線(ローソク足)が用いられるのが一般的で、日足チャート・週足チャート・月足チャート
があります。fxの投資家たちはこのチャートを分析して、将来の価格の変動を読み取っていきます。

このようにfxをやっていく上でチャートは非常に重要なものです。
では、このローソク足とはどのようなものでしょう。
朝一番についた「始値」、その日最後についた値段を「終値」、その日1日で一番高い値段を「高値」、一番安い値段を「安値」
といいい、これらを総称して「4本値」といいます。fxのチャートで用いられるローソク足は、この「4本値」が一目で
分かるようになっており、見た目がローソクにそっくりなので、この名前がつきました。また、上昇で取引きを終えた場合は
赤か白、下落で取引きを終えた場合は青か黒でローソクの胴体を表示します。

FX必勝法

fxトレードは『小さい金額しか稼げない』、『負けている人の方が多い』と思っている人は多くありませんか?
実際は『リスク回避を学べば勝率70%辺り』までは、現fxトレーダーの実践の話では可能です。
だけど、次に幾ら儲かるのかですよね?

確かに、流行の株式投資に比べると配当金のような大きな旨味はないです。
せいぜい、投資金が150%前後まで増えれば良い方。
ですが、現在では多数の企業もfxトレードでの出資話を持ちかけています。
何故なら、先程の話の通り『リスク回避を学べば勝率が70%辺り』だからです。
だけど、今からfxトレードの勉強をする位なら今やっている投資の方が熟知しているしと考えてしまいますよね?
これも大丈夫です。
何故かと言うと、fxトレードを始めるにあたって大抵の会社は『WEBセミナー』を行ってくれているからです。
しかも、無謀な一本槍の投資でも行わない限り、大きな損金の発生は防げます。
なので、これから本当に必勝のトレーダーとしての道のりを上げたい方には、fxトレードはまさに絶好の証券の一つだと言えます。

どうしても、不安が拭えないという人は、証券会社が用意している『バーチャル取引』で仮想のお金を利用して、ある程度の勝率が出せるまで取り組んでから初めて、実際の取引を始めてみてはどうでしょうか?

FX必勝法

fxトレードは『小さい金額しか稼げない』、『負けている人の方が多い』と思っている人は多くありませんか?
実際は『リスク回避を学べば勝率70%辺り』までは、現fxトレーダーの実践の話では可能です。
だけど、次に幾ら儲かるのかですよね?

確かに、流行の株式投資に比べると配当金のような大きな旨味はないです。
せいぜい、投資金が150%前後まで増えれば良い方。
ですが、現在では多数の企業もfxトレードでの出資話を持ちかけています。
何故なら、先程の話の通り『リスク回避を学べば勝率が70%辺り』だからです。
だけど、今からfxトレードの勉強をする位なら今やっている投資の方が熟知しているしと考えてしまいますよね?
これも大丈夫です。
何故かと言うと、fxトレードを始めるにあたって大抵の会社は『WEBセミナー』を行ってくれているからです。
しかも、無謀な一本槍の投資でも行わない限り、大きな損金の発生は防げます。
なので、これから本当に必勝のトレーダーとしての道のりを上げたい方には、fxトレードはまさに絶好の証券の一つだと言えます。

どうしても、不安が拭えないという人は、証券会社が用意している『バーチャル取引』で仮想のお金を利用して、ある程度の勝率が出せるまで取り組んでから初めて、実際の取引を始めてみてはどうでしょうか?

FXトレードマスターとは

『勝率が1割』という人が多数を占める、証券取引の華やかな裏面。
ですが、最近ではとあるツールの誕生により、『そこそこ以上に勝てる』という事で、注目を集めているキーワードがあります。
それは、『fxトレードマスター』です。
何やら、サイトの名前のように感じますがfxトレードでの列記としたツールです。
そして、このツールですが人にも依りますが『fxトレードでの勝率を9割以上になる』という様な謳い文句が多いツールです。

本当にそうなのか?というので、調べてきましたが実際多数のサイトでも、その詳細が事細かに書かれており、更には現トレーダーの長年のブログにも登場されているので信憑性は高いかと思います。

但し、価格が98,000円とfxトレードを始める上での資金を10万円からで考えている人では『おいおいfxトレードの資金の方がなくなってしまうじゃないか?』と苦笑してしまうような値段です。
ですが、現トレードマスター関連のサイトやブログでも、にわか渋々使ったサラリーマンやOLがおかげで、月に10万円からの投資で5万円前後の利益が出て『じわじわ勝てる』と好評のようです。

30万のトレードを無手で始めようという若いトレーダーには、これからは重要なアイテムに、また、トレード界の必須アイテムとして人気を博す予感のするツールだと私は思いました。

オリックスでもFX口座がひらけます

オリックス証券をトレーダーで知らない人はいないでしょう。
というのも、老舗の証券会社だからです。
しかも、fxトレード人気が上がれば素早く対応し、最近ではホームページの上位にもしっかりと取引のサービス概要がUPされています。
そして、なにより嬉しいのがfxトレード並びに『オプション取引』までの証券取引の種類の幅の広さ、そしてfxでも見られる手数料の均一化ではないでしょうか?
特に、という点では他を圧倒するサービスを行っている訳ではないのですが、fx並びに全取引でオリックス証券は『かゆい所に手が届く』絶妙な取引手数料を実現しています。
そして、トレーダーとしては更に有難い『長い経験ゆえのサービス』も受けられるブランドイメージもあるので、これからも磐石な発展を見せると予期しています。
また、『取引種類が多い』という事なのでサイトに足を運ぶと、あり過ぎる取引の影響のせいで探したい取引を逐一把握しにくいのでは?と思う方もいるかとは思いますが、実際はシンプルにまとめられていて見易かったです。
なので、今まで行った事がないfxや先物のオプションなどをやって堅実かつ・そこそこ大きく儲けてみたい方にはオススメの企業だとサイトに足を運んで感心させられました。

FXをやるうえでどの会社をえらぶか?

新しい投資術として、雑誌にサイトにと取上げられているfxトレードですが、その人気の後押しもあり新しい企業も多々誕生しているようです。
そして、まだ若いというのもあれなのですがアクロスfx株式会社という企業が05年に設立されて、fxトレードの企業として知られてきました。
『証券の企業なんてどこも同じでは?』と思う人は多いでしょう。
ですので、ここでこの新しく設立された企業の概要を紹介も交えて記載していきます。
まず、このアクロスが何故人気になってきたのかですが、やはり中堅どころの企業と同じかそれ以上の低価格での手数料を実現したからだと言えます。
特に、fxトレードで中堅でもある程度の手数料は取る『デイトレ決済手数料』がアクロスでは無料です。
しかも、資金が少なくても始められるようなサービスもあり、それに因んでその路線での対応も充実しています。
さらに、小さなサービスではありますがポイントサービスも始めています。
そして、特にこれからの若きトレーダーにはありがたい『fxトレード無料セミナー』も開催中という幅の広い対応の良さ。
この充実の良さゆえに新規企業ではありますが、確固とした人気を得ているのではないでしょうか?
そして、先程のセミナーですがfxトレーダーの時間の浪費を少しでも減らす為に、『WEB』にも対応しています。
勿論、他企業でもやっているバーチャルfxもあるので一度、サイトへ足を運んでみる事をオススメします。

アクロスFXという会社がおすすめ

新しい投資術として、雑誌にサイトにと取上げられているfxトレードですが、その人気の後押しもあり新しい企業も多々誕生しているようです。
そして、まだ若いというのもあれなのですがアクロスfx株式会社という企業が05年に設立されて、fxトレードの企業として知られてきました。
『証券の企業なんてどこも同じでは?』と思う人は多いでしょう。
ですので、ここでこの新しく設立された企業の概要を紹介も交えて記載していきます。
まず、このアクロスが何故人気になってきたのかですが、やはり中堅どころの企業と同じかそれ以上の低価格での手数料を実現したからだと言えます。
特に、fxトレードで中堅でもある程度の手数料は取る『デイトレ決済手数料』がアクロスでは無料です。
しかも、資金が少なくても始められるようなサービスもあり、それに因んでその路線での対応も充実しています。
さらに、小さなサービスではありますがポイントサービスも始めています。
そして、特にこれからの若きトレーダーにはありがたい『fxトレード無料セミナー』も開催中という幅の広い対応の良さ。
この充実の良さゆえに新規企業ではありますが、確固とした人気を得ているのではないでしょうか?
そして、先程のセミナーですがfxトレーダーの時間の浪費を少しでも減らす為に、『WEB』にも対応しています。
勿論、他企業でもやっているバーチャルfxもあるので一度、サイトへ足を運んでみる事をオススメします。

スワップについて

株式投資を始めて、投資を複数に分けてリスク分配投資を行った事がある人はいませんか?
誰だって、やっとで溜めた(稼いだ)お金をいい加減には扱えない物ですから、殆どの人がそうやって投資してますよね。
そして、その手法がfxトレードでも小さなお金を安定して稼ぐのに用いられています。
それは、スワップポイント狙いでfxトレードをする場合の方法として相関関係的に、同じ動きをする通貨ペアを見つけ、一方を買いポジション一方を売りポジションで持つという物です。
そうすると、相関関係的に同じ動きをする、通貨のペアを選んでいるので、スワップポイントをもらいながら、為替変動をヘッジするfxトレードができます。
どういうことかといえば、値上がりすれば、買いポジションをもっている通貨では利益、売りポジションを持っている通貨の方では、損失が出ます。
ですが、それぞれの通貨ペアは相関関係を持っているので、完全に相関関係が成立していれば、利益と損失は完全に相殺され、fxトレードでの為替変動のリスクがヘッジされ、スワップポイントで稼ぐfxトレードができるのです。
このように、fxトレードでの為替変動リスクをヘッジし、スワップポイントをもらうfxトレードの具体的通貨のペアを選ぶ場合は、例えば買い側が1日あたり200円のスワップポイントがもらえ、売り側が、1日あたり100円のスワップポイントを払うような通貨ペアを選んでおけば、為替変動が相殺された上で、1日あたり200円-100円=100円のスワップポイントがもらえ、為替変動がヘッジされた、スワップポイントで稼ぐfxトレードが行えることになります。
地道ではありますが、将来的にはfxで大きく投資金を運用と言う事にも繋がる訳なので、実際の経験を掲載しているブログも多いのが実情です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。